« エクレストン氏、再び「2015年サードカー案導入」に意欲 | トップページ | レッドブル首脳、「マックス・フェルスタッペンはセナ級の逸材」 »

2014/09/24

ケータハムF1、タイヤ代金未払いで日本GP欠場の危機

Caterham Pitwork (C)Caterham F1 Team
拡大します

資金難からチーム売却の浮き目に遭ったケータハムF1チームだが、新オーナーになっても依然として苦しい状況は続いているようだ。

同チームにはかねてパワーユニットの供給元であるルノー・スポールへのエンジン代金未払い問題が表面化してきたが、小林可夢偉にとってホームグランプリとなる日本GPを前に、今度は新たな未払い問題が浮上したもの。

それによれば、ピレリへのタイヤ代金支払いが滞っているということで、もし次戦の日本GPを前にケータハムから支払いが行われない場合、タイヤを供給しない強硬手段に出るというもの。

実はピレリタイヤは以前から同チームからの債務を抱えていて、新しいオーナーになっても状況が改善されないことに業を煮やしたとのことだ。

|

« エクレストン氏、再び「2015年サードカー案導入」に意欲 | トップページ | レッドブル首脳、「マックス・フェルスタッペンはセナ級の逸材」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60366547

この記事へのトラックバック一覧です: ケータハムF1、タイヤ代金未払いで日本GP欠場の危機:

« エクレストン氏、再び「2015年サードカー案導入」に意欲 | トップページ | レッドブル首脳、「マックス・フェルスタッペンはセナ級の逸材」 »