« 日本GP(鈴鹿)の週末、雨の心配はなし | トップページ | マルヤ代表(F・インディア)、「マクラーレンとのバトルは本望」 »

2014/09/29

ニキ・ラウダ氏、フォーミュラEを酷評

Formula E (C)Formula E
拡大します
FIA(国際自動車連盟)主導により「将来のモータースポーツ」として始められた完全電気パワーによるレース「フォーミュラE」シリーズだが、メルセデス・モータースポーツのニキ・ラウダ/CEOがさっそくこれを酷評している。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語ったもの。
その中でこの元3回のF1チャンピオンは、「鳴り物入りでスタートしたフォーミュラEというものを見たが、こんなのはモータースポーツとは言えないね。
同じところをグルグル回る陳腐な音のものは、まるでオモチャのように私には見えたよ。
こんなのが未来のモータースポーツ、ましてやF1に取って代わるなどまったく考えられない。
久しぶりに最低のものを見せてもらったね」と、辛口の感想を明らかにした。

|

« 日本GP(鈴鹿)の週末、雨の心配はなし | トップページ | マルヤ代表(F・インディア)、「マクラーレンとのバトルは本望」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60392384

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏、フォーミュラEを酷評:

« 日本GP(鈴鹿)の週末、雨の心配はなし | トップページ | マルヤ代表(F・インディア)、「マクラーレンとのバトルは本望」 »