« エミリオ・ボティン会長(サンタンデル)が死去 | トップページ | WEC(世界耐久選手権)「富士6時間」に多くの元F1ドライバー »

2014/09/15

メルセデスAMGチーム、ギヤ比変更でさらなる必勝体制

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
今シーズン、ここまで圧倒的なスピードを見せつけるメルセデスAMGチームだが、次戦シンガポールGPからはギヤ比を変更することを明らかにした。

現在のレギュレーションでは、シーズン開始時に選択したギヤ比はその1年間凍結されることになっているが、1回に限り「ジョーカー」を使って変更ができることになっている。
今回のメルセデスAMGチームはこれを使用してギヤ比を低い方向に変更するものとみられる。

これについて同チームのアルド・コスタ/エンジニアリング・ディレクターは、「8速目が有効だったのはイタリアGPのモンツァくらいで他のサーキットではギヤ比が高過ぎてほとんど有効に使えなかった」と、明かした。

同チームはこれによりさらに強さを増し、タイトル争いを万全なものにしたい考えだ。
しかし常勝メルセデスAMGがさらに戦闘力アップするという展開に他陣営からは早くもため息が聞かれている。

|

« エミリオ・ボティン会長(サンタンデル)が死去 | トップページ | WEC(世界耐久選手権)「富士6時間」に多くの元F1ドライバー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60316789

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMGチーム、ギヤ比変更でさらなる必勝体制:

« エミリオ・ボティン会長(サンタンデル)が死去 | トップページ | WEC(世界耐久選手権)「富士6時間」に多くの元F1ドライバー »