« ダニエル・リカルド、自身のカート・ブランドを立ち上げ | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)のトラブル原因は異物混入 »

2014/09/27

エリック・ブイユ代表(マクラーレン)、「3台目準備、半年必要」

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
F1パドックではすでに2015年のチーム数減少が当然のことのように語られているが、そこで注目を集めているのがトップチームによる3台目マシン出走による参加台数の増加作戦だ。
F1レギュレーションでは決勝レースの出走台数が20台以上としているため、もし来季2チーム以上の離脱となればこれが現実味を帯びることになるのは必至だからだ。

これにはかねてF1チームの雄であるフェラーリ・チームやFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)を率いるバーニー・エクレストン氏がご執心。
しかし同様に3台目の用意を迫られるるのが確実とみられるマクラーレン・チームでは、エリック・ブイユ代表が懐疑的な姿勢を崩していない。

「みんなは簡単に3台目というが、そんなに容易なことではない。
誰もがドライバーのことばかり頭に描いているからね。
確かに3人目のドライバーを用意するのは簡単なことだが、マシンのほうを準備するのはチームにとってたいへんな仕事になるんだ。
シャシーの製作、スタッフの確保、それにロジスティクス(物流)の構築……
どれをとってもわずかな期間で準備できるものじゃないからね。
実現させるなら少なくとも半年の期間は必要だよ」

2015年シーズン、搭載するパワーユニットの変更という大作業に取り掛かる唯一のチームであるマクラーレンには、特別のお家事情があるとも言えそうだ。

|

« ダニエル・リカルド、自身のカート・ブランドを立ち上げ | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)のトラブル原因は異物混入 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60381238

この記事へのトラックバック一覧です: エリック・ブイユ代表(マクラーレン)、「3台目準備、半年必要」:

« ダニエル・リカルド、自身のカート・ブランドを立ち上げ | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)のトラブル原因は異物混入 »