« ロータス・チーム、親会社の経営不振でさらに苦境 | トップページ | メルボルン、2020年までオーストラリアGP開催確定 »

2014/08/03

ハッキネン氏、パット・フライ(フェラーリ)の「境遇」心配

Pat Fry (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今季不振が続くフェラーリ・チームでは、4月のステファーノ・ドメニカリ氏(当時:チーム代表)に続き先月にはエンジン部門の責任者であるルカ・マルモリーニ氏の更迭も明らかにされた。
さらにエンジニアリング・ディレクターであるパット・フライ氏についても同じく更迭の噂があったものの、チームはこれを否定している。

しかしフェラーリ・チームは先のハンガリーGP公式予選でライコネンがチームの戦略ミスによりQ1で敗退するという不祥事に。
さしてその責任者がパット・フライ氏だったのでは、とも指摘もされている。

これを受け元F1チャンピオンであるミカ・ハッキネン氏は、「ああいうミスがフェラーリのようなチームで起きるとは思わなかった
もしもフライが責任者としたら、彼の立場がまずいことになっていなければいいんだけど……」と、かつての「盟友」へ配慮を示した。
マクラーレン時代、フライ氏はハッキネンのレースエンジニアを担当した仲だ。

|

« ロータス・チーム、親会社の経営不振でさらに苦境 | トップページ | メルボルン、2020年までオーストラリアGP開催確定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60089202

この記事へのトラックバック一覧です: ハッキネン氏、パット・フライ(フェラーリ)の「境遇」心配:

« ロータス・チーム、親会社の経営不振でさらに苦境 | トップページ | メルボルン、2020年までオーストラリアGP開催確定 »