« 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案 | トップページ | フラビオ・ブリアトーレ氏の復帰、反発受けて撤回か »

2014/08/01

フェラーリ、ルカ・マルモリーニの離脱を正式発表

Luca Marmorini (C)Ferrari S.p.A
拡大します
すでに7月のイギリスGP後にチーム離脱がささやかれていたエンジン&エレクトロニクス部門の責任者であるルカ・マルモリーニ氏(53歳:イタリア)について、31日(木)フェラーリ・チームがリリースで正式にこれを認めた。

ピサ大学出身のF1エンジニアで、1990年に念願の跳ね馬チーム入りを果たしたマルモリーニ氏は一時TMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)にスカウトされトヨタF1チームのF1エンジン開発にあたっていたが、トヨタがF1撤退した2009年に再び古巣フェラーリに戻っていた。
同氏は現在のフェラーリ不振の責任の一端を取らされたと理解されている。

パワーユニット部門の後任には、マッティア・ビノット氏がチーフオペレーティングオフィサーとしてその職務を継続するとしている。

|

« 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案 | トップページ | フラビオ・ブリアトーレ氏の復帰、反発受けて撤回か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60076209

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、ルカ・マルモリーニの離脱を正式発表:

« 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案 | トップページ | フラビオ・ブリアトーレ氏の復帰、反発受けて撤回か »