« ロッシ(マルシア)、「F1ギャングの中にいることが重要」 | トップページ | エクレストン氏の贈賄事件、銀行側は補償金支払い拒否 »

2014/08/09

パラボリカ(モンツァ・サーキット)改修に異論も

Parabolica/Monza (C)RedBull Racing
拡大します
これまで高速モンツァ・サーキットの醍醐味の一因として評価されてきたパラボリカ・コーナー/ランオフエリアだったが、このほど広大なグラブル部分がすべてアスファルトで舗装されているのが発覚、異論を呼んでいる。

これについてドイツの専門誌『スポルト・ビルト』の記者は、「パラボリカはF1に残された数少ない貴重なコーナーだった。
こうしてF1からチャレンジングな魅力を奪ってどうするというのか」と、非難した。

関係者からは、今後モンツァがF1カレンダーから外れる可能性を見越し、バイクレース承知のために改修された、との見方が有力だ。
しかし一方で地元イタリアの『アウトスプリント』誌は、「改修はFIA(国際自動車連盟)からの指示」として、あくまでも安全性向上のためと伝えている。

|

« ロッシ(マルシア)、「F1ギャングの中にいることが重要」 | トップページ | エクレストン氏の贈賄事件、銀行側は補償金支払い拒否 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60120901

この記事へのトラックバック一覧です: パラボリカ(モンツァ・サーキット)改修に異論も:

« ロッシ(マルシア)、「F1ギャングの中にいることが重要」 | トップページ | エクレストン氏の贈賄事件、銀行側は補償金支払い拒否 »