« バトン(マクラーレン)、古巣ウィリアムズの復活を歓迎 | トップページ | シューマッハ医療記録漏洩事件、被疑者死亡で終結へ »

2014/08/07

「和解金必要なかった」、早くもエクレストン氏開き直り

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
長年FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)代表のバーニー・エクレストン氏を悩ませてきたF1株式を巡る贈賄事件だが、裁判の終結を受け一転強気のコメントに転じている。

「何はともあれ裁判が終わったことは良かった。
これで自分の仕事、つまりF1の運営に集中できるんだからね。
でも考えてみれば、私が相手すべきは判事ではなく、検事だったのではないか、ということ。
実際、判事は私を無罪にする意向だったようだ。
それなら巨額(約103億円)もの和解金なんて支払う必要はなかったことになる。
つまり、私はバカをみた、ということさ」

和解金1億ドルのうち9,900万ドル(約102億円)は直接バイエルン州の財源となり、残りの100万ドルは終末患者の子供たちのためのチャリティー基金に寄付されるとのことだ。

|

« バトン(マクラーレン)、古巣ウィリアムズの復活を歓迎 | トップページ | シューマッハ医療記録漏洩事件、被疑者死亡で終結へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60110684

この記事へのトラックバック一覧です: 「和解金必要なかった」、早くもエクレストン氏開き直り:

« バトン(マクラーレン)、古巣ウィリアムズの復活を歓迎 | トップページ | シューマッハ医療記録漏洩事件、被疑者死亡で終結へ »