« ロッテラー(ケータハム)、「初日としてはうまくいったかな」 | トップページ | フリー走行3回目はボタス(ウィリアムズ)がトップタイム »

2014/08/23

冷涼な気温となったサマーブレイク後初戦のスパ (ピレリ)

ルイス・ハミルトン (C)Pirelli Motorsport
拡大します
2014 ベルギーグランプリ フリー走行
・ミディアムとソフトによる多彩な戦略が可能:決勝では2ストップが有力
・シーズン中で最長のサーキットでのコンパウンド間のタイム差は、ラップあたり1.8~2.0秒

2014年8月22日、スパ・フランコルシャン

Formula Oneシーズンが、冷涼なコンディションのスパで再開しました。このコンディションは、アルデンヌ丘陵に位置する伝説的な全長7kmのサーキットの特徴のひとつです。気温18℃前後の中、午後の路面温度は30℃まで上昇しました。

メルセデスが両フリー走行セッションでワンツーとなりました。午前中のFP1では、ニコ・ロズベルグがP Zeroホワイト・ミディアムで、午後のFP2では、ルイス・ハミルトンがP Zeroイエロー・ソフトで、それぞれ最速タイムを記録しました。

今回のタイヤの組み合わせは、全てのマシンに多彩なペースと戦略を提供するために選択されていますが、最高速度を得るために両コンパウンドを注意深くマネージする必要があります。特に、今年から採用されたハイブリッド・パワーユニットと空力ダウンフォースの減少を特徴とする最新型マシンにとって、タイヤ戦略を際立たせるために、フリー走行で大量のトラックデータを収集することが重要課題となりました。ラップあたり1.8~2.0秒存在する両コンパウンド間のタイム差が戦略の鍵を握るでしょう。

フリー走行は通常のパターンに沿って行われ、FP1では全てのマシンがミディアムコンパウンドのみを使用しました。ドライバーたちはFP2でソフトタイヤの使用を開始し、相対的な性能レベルを評価するために、両コンパウンドを使用して多様な燃料搭載量でのロングランを行っていました。ここで得られた情報を用いて、最適な戦略の計算が可能になります。

しかし、スパの特徴である変わりやすい天候も考慮しなければいけません。明日以降の週末も冷涼な天候が続きそうですが、明日は雨の可能性もあります。

ピレリジャパン・プレスリリース

ポール・ヘンベリーのコメント:「世界最高峰のサーキットのひとつであるスパはいつも楽しみです。今年はダウンフォースが減少しているため、マシンがスライドしやすくなり、オー・ルージュをアクセル全開で駆け上がるドライバーたちには最大限の勇気が求められるので、おそらく、さらに見応えのあるレースとなるでしょう。本日の冷涼なコンディションは、明らかにタイヤ性能に影響を及ぼしました。明日以降も同様のコンディションとなりそうで、土曜日には雨が降る可能性もあります。低い気温にも関わらず、グレイニングの発生はごくわずかで、大きなサプライズはありませんでした。これから、いつものように全てのデータを入念に分析しますが、ここまで見た限りでは、タイヤは我々の期待通りの動作を示しており、決勝では2ストップが主流になると思います」

Pi

今日の豆知識:

現役ドライバー中で、スパで最も良い成績を挙げているドライバーは、フェラーリのキミ・ライコネンです。‘アイスマン’は、スパで2004、2005、2007、2009年に優勝しています。世界選手権が開始された1950年以降、スパ、ゾルダー、ニヴェルで開催されたベルギーグランプリは、今年で59回目を迎えます。

|

« ロッテラー(ケータハム)、「初日としてはうまくいったかな」 | トップページ | フリー走行3回目はボタス(ウィリアムズ)がトップタイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60196057

この記事へのトラックバック一覧です: 冷涼な気温となったサマーブレイク後初戦のスパ (ピレリ):

« ロッテラー(ケータハム)、「初日としてはうまくいったかな」 | トップページ | フリー走行3回目はボタス(ウィリアムズ)がトップタイム »