« マルシアではチルトンに代えA.ロッシがF1デビュー | トップページ | ロッテラー(ケータハム)、「可夢偉のファンのためにも頑張る」 »

2014/08/22

チルトン(マルシア)のマネージメント、「シート売却で資金得た」

Max Chilton (C)Marussia F1 Team
拡大します
マルシアF1での突然のドライバー交代について、チーム側はその背景を明確にしていないが、当のマックス・チルトン(23歳:イギリス)のマネージメントが本人に代わり、その背景を明らかにした。

それによればマルシアF1チームは資金難のためチルトンが持つベルギーGPドライブの権利を売却、これにより資金を得て今後の活動に充てるというもの。
ドライバー本人にとっては理不尽な措置だが、チルトンはチームのためこれを受け入れたとしている。
ケータハムに続き、マルシアでもチーム身売りの噂があり、現場は不安なままでレースを迎えることになる。

なおチルトンはベルギーGPでもチームに帯同し、全力で協力するという。

|

« マルシアではチルトンに代えA.ロッシがF1デビュー | トップページ | ロッテラー(ケータハム)、「可夢偉のファンのためにも頑張る」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60188952

この記事へのトラックバック一覧です: チルトン(マルシア)のマネージメント、「シート売却で資金得た」:

« マルシアではチルトンに代えA.ロッシがF1デビュー | トップページ | ロッテラー(ケータハム)、「可夢偉のファンのためにも頑張る」 »