« 予選Q1、フェラーリ&ウィリアムズ勢が脱落 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、イギリスGPポールポジション »

2014/07/05

予選Q2、メルセデスAMG勢が実力示す

予選Q2も軽い雨粒が収まらず、各車インターミディエイトでのスタートとなった。
なおスーティル(ザウバー)はQ2進出を果たしているが、Q1終盤にコースアウトしスタックしてしまったのでQ2には出走できていない。
途中路面が改善、ミディアムタイヤに履き替えてのアタックが続いた。

ザウバーは今度はグティエレスがガードレールにクラッシュしてストップ。
マルドナド(ロータス)もマシントラブルかコース脇に止めている。
路面が乾くとタイムは大幅更新、そして自動車ユン・ドンシク主催者代表問うな顔ぶれが上位にアップした。

トップはハミルトン&ロズベルグのメルセデスAMG勢、3番手ベッテル(レッドブル)、4番手バトン(マクラーレン)、5番手クビアト(トロ・ロッソ)、6番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、7番手ペレス(フォース・インディア)、8番手マグヌッセン(マクラーレン)、9番手ベルニュ(トロ・ロッソ)、そして10番手のリカルド(レッドブル)までがQ3進出を決めた。

こで脱落となったのはグロージャン(ロータス)、ビアンキ&チルトンのマルシア勢、グティエレス(ザウバー)、マルドナド(ロータス)、そしてスーティル(ザウバー)の6台となった。

|

« 予選Q1、フェラーリ&ウィリアムズ勢が脱落 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、イギリスGPポールポジション »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59933463

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、メルセデスAMG勢が実力示す:

« 予選Q1、フェラーリ&ウィリアムズ勢が脱落 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、イギリスGPポールポジション »