« ハミルトン、P ZeroホワイトとP Zeroオレンジでホームでの優勝を飾る (ピレリ) | トップページ | 不振のルノー・スポール、秘かに首脳陣交代 »

2014/07/08

大クラッシュのライコネン(フェラーリ)、打撲のみ

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
イギリスGP決勝レース、他車をも巻き込む大きなアクシデントで身体が心配されたフェラーリ・チームのキミ・ライコネンだったが、病院での精密検査の結果、打撲のみで骨折等の大きな怪我はないことが確認され、関係者は胸をなで下ろしている。

クラッシュ直後、ライコネンは自力でコクピットを出たものの足を引きずっていて、マーシャルの助けを借りて歩いていく様子が国際映像で流れていた。
チームによればライコネンは踝(くるぶし)を強打すると共に膝にも痛みを訴えていたということだが、幸い大事には至らなかったという。

今週シルバーストーンで行われる合同テストは欠場するが、次戦ドイツGP(7月20日:ホッケンハイム)への出走には支障ないということだ。

|

« ハミルトン、P ZeroホワイトとP Zeroオレンジでホームでの優勝を飾る (ピレリ) | トップページ | 不振のルノー・スポール、秘かに首脳陣交代 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59946917

この記事へのトラックバック一覧です: 大クラッシュのライコネン(フェラーリ)、打撲のみ:

« ハミルトン、P ZeroホワイトとP Zeroオレンジでホームでの優勝を飾る (ピレリ) | トップページ | 不振のルノー・スポール、秘かに首脳陣交代 »