« イギリスGPフリー2回目、再びメルセデスAMG勢が席巻 | トップページ | 初日最速ハミルトン(メルセデス)、「ストップは影響ない」 »

2014/07/05

ロズベルグ&リカルド、審議対象になるもお咎めなし

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
イギリスGPのレーススチュワード(競技審査委員)は、4日(金)午前に行われたフリー走行1回目セッション中、マッサ(ウィリアムズ)のクラッシュにより赤旗中断となった際、メルセデスのロズベルグ(1位)とレッドブルのリカルド(4位)の二人がいずれも他車をオーバーテイクしたとして審議対象とした。
ロズベルグはクビアト(トロ・ロッソ)を、またリカルドのほうはアロンソ(フェラーリ)をそれぞれオーバーテイクしたというもの。

両者はコントロールタワーに呼び出され事情聴取を受けたが、ロズベルグの場合はクビアトが路上にデブリ(破片)を見つけ急減速したため、またリカルドのほうも赤旗になった直後だったためいずれも止むを得ないケースだったと判断され無罪放免となった。

|

« イギリスGPフリー2回目、再びメルセデスAMG勢が席巻 | トップページ | 初日最速ハミルトン(メルセデス)、「ストップは影響ない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59929595

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ&リカルド、審議対象になるもお咎めなし:

« イギリスGPフリー2回目、再びメルセデスAMG勢が席巻 | トップページ | 初日最速ハミルトン(メルセデス)、「ストップは影響ない」 »