« 2015年メキシコGP、23年ぶりの復活開催へ | トップページ | トト・ウォルフ氏(メルセデスAMG)、トンだ「厄介者」に »

2014/07/24

ミハエル・シューマッハ氏、自宅での療養に期待

Michael Schumacher (C)Ferrari S.p.A
拡大します
スキー事故に遭ったフランスのグルノーブル大学病院から現在はスイス・ローザンヌの病院に転院してリハビリテーションを続けている元F1チャンピオンのミハエル・シューマッハ氏だが、状態は良く、近く退院できるかも知れないというニュースが流れている。

それによればシューマッハ氏はまぶたの動きにより意思疎通が図られていて、家族とのコミュニケーションをとることが可能になっているとのこと。

スイスの地元紙が伝えるところによれば、早ければ7月中にも退院し、今後は自宅で療養を続けることができるだろうというもの。
このためコリーナ夫人はスイスの自宅に先進的医療機器を設置するなどすでに対応を図っているという。

|

« 2015年メキシコGP、23年ぶりの復活開催へ | トップページ | トト・ウォルフ氏(メルセデスAMG)、トンだ「厄介者」に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60034242

この記事へのトラックバック一覧です: ミハエル・シューマッハ氏、自宅での療養に期待:

« 2015年メキシコGP、23年ぶりの復活開催へ | トップページ | トト・ウォルフ氏(メルセデスAMG)、トンだ「厄介者」に »