« ハミルトン(メルセデス)、「これからは自分の時代」と自信 | トップページ | フェラーリ、ルカ・マルモリーニの離脱を正式発表 »

2014/07/31

贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
F1株式売却を巡る贈賄疑惑でドイツの法廷に被告人として立たされているFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表について、弁護団が和解を提案していることが伝えられた。

これは2006年当時、ドイツのバイエルン州立銀行から未公開株式投資ファンドの『CVCキャピタル』F1株式が売却された際に、エクレストン氏側が銀行関係者に賄賂を贈ったとされているもの。
ドイツ国内の報道によればエクレストン氏は和解に向け、バイエルン州立銀行に2,500万ユーロ(約34億5千万円)を支払う案を持ち掛けているという。

ただドイツの法律では、当事者の間で和解が成立したとしても必ず立件が取り下げられる訳ではないとのことで、依然この英国人富豪の窮地は続くことになる。

|

« ハミルトン(メルセデス)、「これからは自分の時代」と自信 | トップページ | フェラーリ、ルカ・マルモリーニの離脱を正式発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60071559

この記事へのトラックバック一覧です: 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案:

« ハミルトン(メルセデス)、「これからは自分の時代」と自信 | トップページ | フェラーリ、ルカ・マルモリーニの離脱を正式発表 »