« シューマッハのカルテ流出させたのはヘリコプター会社 | トップページ | マルドナド(ロータス)、「ルノー・エンジン進化してる」 »

2014/07/14

好調ウィリアムズ、最新の技術施設をオープン

Williams Factory (C)Williams F1
拡大します
ここ数年苦戦を続けたプライベート・チームの雄・ウィリアムズ・チームだが、今シーズンの好調さを裏付けるように最新の技術施設をオープン、その勢いをみせつけた。

新施設をオープンさせたのはオクスフォードシャー州グロープにあるF1ファクトリーの隣接地で、モータースポーツが根付いているイギリスらしくお披露目にはデビッド・キャメロン首相自らがお祝いに駆け付けた。

施設は総額800万ポンド(約14億円)を投じ、2年の歳月を掛けて完成させたもの。
ここに最大250人のデザイナーを擁し、F1の先端技術を活かした総合研究開発にあたるということだ。

|

« シューマッハのカルテ流出させたのはヘリコプター会社 | トップページ | マルドナド(ロータス)、「ルノー・エンジン進化してる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59981598

この記事へのトラックバック一覧です: 好調ウィリアムズ、最新の技術施設をオープン:

« シューマッハのカルテ流出させたのはヘリコプター会社 | トップページ | マルドナド(ロータス)、「ルノー・エンジン進化してる」 »