« メキシコGP、2015年シリーズ最終戦を窺う | トップページ | 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案 »

2014/07/31

ハミルトン(メルセデス)、「これからは自分の時代」と自信

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
今シーズン、開幕から破竹の4連勝を記録したメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンにとって、ドイツからの2戦連続3位というのは周囲からは一見物足りないようにみえる。
しかし本人は「これからは自分の時代」と強い自信をみせている。

「ここ2戦で後方から表彰台まで駆け上がったのは、優勝することよりももっと価値があることだった。
これまでウチの武器だと捉えられていた『FRICサスペンション』が禁止されて僕らはとてもハードワークを強いられていたんだ。
今年のF1マシンはレギュレーション上とても重量が悩みの種になっているけれど、FRICが搭載できなくなったということはそのままその分の重量が低減されることになる。
知っているように、僕のほうがロズベルグよりも体重が重い。
そう、そのハンディがこれからは軽減されるということさ」

具体的数字は明かさなかったが、ハミルトンはこれまで続けて来たダイエットを取りやめ、今後は必要な筋肉の強化にいそしむことを明らかにした。

|

« メキシコGP、2015年シリーズ最終戦を窺う | トップページ | 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60071465

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(メルセデス)、「これからは自分の時代」と自信:

« メキシコGP、2015年シリーズ最終戦を窺う | トップページ | 贈賄で訴訟中のエクレストン氏弁護団、当局に和解を提案 »