« リカルド、3ストップ戦略でサマーブレイク前の最終戦を制す (ピレリ) | トップページ | キャラミ・サーキット、ポルシェ社の傘下に »

2014/07/29

バーニー・エクレストン氏、驚きの「ウェイト・ハンディ案」呈示

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1の魅力復活を期すバーニー・エクレストン氏が、またあらたな改革案を呈示した。

これは今回ハンガリーGPが行われたハンガロリンクで各チームの代表に示したもの。
それによれば「チャンピオンシップ・ポイントに応じてマシンにウェイト・ハンディを設ける」というもの。

ウェイト・ハンディというシステムそのものはDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)など他の分野で採り入れられているが、モータースポーツの最高峰を自認するF1に果たしてふさわしいものか、論議を呼ぶことになりそうだ。

|

« リカルド、3ストップ戦略でサマーブレイク前の最終戦を制す (ピレリ) | トップページ | キャラミ・サーキット、ポルシェ社の傘下に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60060801

この記事へのトラックバック一覧です: バーニー・エクレストン氏、驚きの「ウェイト・ハンディ案」呈示:

« リカルド、3ストップ戦略でサマーブレイク前の最終戦を制す (ピレリ) | トップページ | キャラミ・サーキット、ポルシェ社の傘下に »