« 波乱のハンガリーGPはリカルド(レッドブル)が制す | トップページ | 優勝リカルド(レッドブル)、「ラインを越えた時にわかった」 »

2014/07/28

リタイヤ小林可夢偉(ケータハム)、「パワーがなくなった」

小林 可夢偉 (C)Caterham F1 Team
拡大します
波乱のあったレース序盤も無事切り抜け、順調にそのポジションを上げていったケータハムの小林可夢偉だったが、2度目のセーフティカー導入ランの際中だった24周目、突然マシンを止めてレースを終えた。

「スタートの混乱も切り抜け、いいペースで走れていたのでマシントラブルはほんとうに残念。
燃料系のトラブルで、パワーがなくなってしまったんだ。
悔しかったけれど、止めるしかなかった。
危ない場面はいくつもあったけれど、僕の目の前でマルドナド(ロータス)とビアンキ(マルシア)が接触してスピンした時は怖かった。
ほんとに紙一重のところでかわすことができたけど、間隔は数ミリしかなかったんじゃないか。
驚いたね、このところ3レース続けてこんな場面に遭遇しているよ」

ケータハムは今回エリクソンもクラッシュでリタイヤしていて、2台共に完走を果たしたライバル・マルシアと明暗を分けた。

|

« 波乱のハンガリーGPはリカルド(レッドブル)が制す | トップページ | 優勝リカルド(レッドブル)、「ラインを越えた時にわかった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60055570

この記事へのトラックバック一覧です: リタイヤ小林可夢偉(ケータハム)、「パワーがなくなった」:

« 波乱のハンガリーGPはリカルド(レッドブル)が制す | トップページ | 優勝リカルド(レッドブル)、「ラインを越えた時にわかった」 »