« 『トタル』自慢の新燃料、効果発揮せず? | トップページ | エクレストン氏、「スポーツと政治は別問題」 »

2014/07/22

ミディアムとソフト、高温でツイスティなハンガロリンクに登場 (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します

ハンガリーグランプリ プレビュー: ブダペスト 2014年7月24-27日

・グリップレベルの低い低速サーキットのため、メカニカルグリップが重要になる
・Formula Oneで今シーズン唯一のヨーロッパ2週連続開催となるため、 各チームとピレリは、ドイツグランプリ後にハンガリーへ直行

2014年7月21日、ミラノ

ピレリと各チームは、今シーズン唯一のヨーロッパでのグランプリ2週連続開催のため、ホッケンハイムからブダペストまで800kmの距離を移動します。ハンガロリンクは、1986年、かつての「鉄のカーテン」の向こう側で最初にFormula Oneが開催されたサーキットです。ハンガロリンクは常設サーキットですが、メカニカルグリップが強調されるタイトでツイスティなコーナーやグリップレベルの低い路面など、多くの市街地サーキットの特性を持ち合わせています。過去には、レースが非常に暑いコンディションで行われたことが多いとはいえ、雨も不確定な要素となっています。ピレリは、P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトタイヤを持ち込みます。この組み合わせは、性能と高い気温への対応力との適正なバランスを提供します。ハンガロリンクは、特にタイヤに厳しいサーキットではありませんが、絶え間なくコーナーが続くコースのため、ラップを通してコンパウンドをクールダウンする機会があまり得られないという特性を持っています。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「ハンガリーは、そのトリッキーなレイアウトでよく知られており、オーバーテイクや、コース全体への完璧なセットアップを見出すことが難しいところですので、トラックポジションを上げる貴重な機会を提供する戦略が特に重要になります。ハンガリーでは、通常、天候状態も話題になりますが、我々のタイヤはホッケンハイムの非常に高い路面温度の下でも性能を発揮しましたので、ここでも問題無いことを確信しています。ハンガリーへ持ち込むタイヤの組み合わせは、増大する厳しさへ対応するために、ホッケンハイムより1段階硬いものになっています。したがって、通常通り2ストップを予測していますが、金曜フリー走行後には、より明確な予測ができると思います」

ピレリ・コンサルタント ジャン・アレジのコメント:
「近年、ハンガロリンクはポジティブな方向に変わったと思います。全体的に低速コーナーで構成され、低速ギアでの加速が多いため、最大レベルのダウンフォースのセットアップで走行することになりますが、今では最大限にプッシュ可能な箇所もいくつか存在します。良好なトラクションを維持することが主な技術的な課題であり、何よりも大事なことは、リアタイヤをケアすることです。さもなければ、最終的にグリップと制動力を失うことになります。このサーキットでの鍵となるポイントがいくつかあります。例を挙げると、ピットを出た後の第2コーナーです。ここは、下り勾配の左回りコーナーで、急角度のように見えますが実際はそうではありません。したがって、続く右回りコーナーのためのベストラインを維持するために、インサイド側を走行し続ける必要があります。実際、ハンガロリンクでは、全てのコーナーが次のコーナーへ影響を及ぼしています。全てのコーナーで、ドライバーには慎重なスロットル調整が求められますが、今年のマシンはトルクが増大しているため、この作業が容易ではありません。したがって、各コーナーで理想的なレーシングラインを維持することが極めて難しくなっているように思います」

タイヤから見たサーキット:
ハンガロリンクは、トラクション、ブレーキング、横方向の荷重がバランスよく配置されたサーキットです。マシンは、低速コーナーでメカニカルグリップを最大限に活用するために最大レベルのダウンフォースセットアップで走行します。
ミディアムタイヤは作動温度領域が低く、広範囲の低い温度条件下でも最適な性能を発揮できるコンパウンドです。ソフトタイヤは、対照的に作動温度領域が高く、高温のコンディションに適したコンパウンドです。ハンガロリンクでの気温は、シーズン中で最も高い部類に入ることも珍しくありません。

ハンガロリンクでは、タイヤに複数の力が同時に課せられることがしばしばあります。空力ダウンフォースによって、垂直方向の力がタイヤを押し付けます。同時に、コーナー通過時には、横方向の負荷が、加速と減速時には、縦方向の力がタイヤに加えられることになります。これらは全てタイヤ構造の負荷を増大させます。

2013年の勝利戦略は3ストップでした。ルイス・ハミルトンが、ミディアムとソフトを使用して、メルセデスでの初勝利を飾りました。ロータスのキミ・ライコネンは、2ストップ戦略で2位を獲得しました。

Pi

|

« 『トタル』自慢の新燃料、効果発揮せず? | トップページ | エクレストン氏、「スポーツと政治は別問題」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60025664

この記事へのトラックバック一覧です: ミディアムとソフト、高温でツイスティなハンガロリンクに登場 (ピレリ):

« 『トタル』自慢の新燃料、効果発揮せず? | トップページ | エクレストン氏、「スポーツと政治は別問題」 »