« シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/09) | トップページ | ピレリの『18インチタイヤ』、概ね好評価 »

2014/07/10

ケータハム新首脳、すでに来季以降を視野に

Caterham Garage (C)Caterham F1 Team
拡大します
イギリスGP直前、チーム売却が行われ首脳陣も入れ替わったケータハムF1では、すでに来季以降を視野に今回のシルバーストーン合同テストに臨んだようだ。

例えばメルセデスAMGでは今回の合同テストで初日ロズベルグ、2日目ハミルトン。
またライバルのレッドブル・レーシングも初日リカルド、2日目ベッテルを起用と、完全にシーズンを見据えた臨戦態勢をみせた。

これに比べケータハムの新代表に就いたクリスチャン・アルバース/CEO(最高経営責任者)は今回初日にウィル・スティーブンス(23歳:イギリス)を、また2日目にはジュリアン・リール(24歳:コロンビア)らいずれもF1未体験ドライバーを起用、小林可夢偉&エリクソンらレギュラードライバーの出番はなく、もちろんタイムは連日最下位に留まった。

|

« シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/09) | トップページ | ピレリの『18インチタイヤ』、概ね好評価 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59957554

この記事へのトラックバック一覧です: ケータハム新首脳、すでに来季以降を視野に:

« シルバーストーン合同テスト2日目タイム(7/09) | トップページ | ピレリの『18インチタイヤ』、概ね好評価 »