« ピレリ ベルギー、イタリア、シンガポールのタイヤ選択を発表 | トップページ | ハンガリーGPフリー2回目もメルセデスAMG勢席巻 »

2014/07/25

ハンガリーGPフリー1回目、メルセデスAMG勢最速

Hungaroring (C)Mercedes Motorsports
拡大します
昨週のドイツGPに続き、今週は連続開催でハンガリーGP。
そのフリー走行1回目セッションが25日(金)午前、ハンガロリンクを舞台に行われた。
ドライコンディション、気温は23度、路面温度は41度。
直前にマルシア加入の発表があったアレクサンダー・ロッシがさっそく新チームのピットガレージでその姿が見られたが、今回はいずれのチームも正規のレースドライバーで交代の申請はなしとなった。

上位1-2番手はやはりメルセデスAMG勢で、ここではハミルトンが1'25.814のタイムでトップに、
これに僚友ロズベルグが0.183秒差で2番手に続いた。
目を惹いたのはフェラーリ勢で、終始好タイムをマークして結局ライコネン&アロンソが3-4番手を占めた。
5番手はベッテル(レッドブル)、6番手マグヌッセン(マクラーレン)、7番手ベルニュ(トロ・ロッソ)、8番手リカルド(レッドブル)、9番手バトン(マクラーレン)、そして10番手マッサ(ウィリアムズ)の順。
ケータハム勢は小林可夢偉19番手、エリクソン20番手だった。
またチルトン(マルシア)のマシンはセッション開始早々にエンジン部から火災が確認されて消火器の洗礼を浴びた。
オイル漏れした部分が発火したということだが、セッション終了間際に再走している。

ハンガリーGP:フリー走行1回目の結果はこちら
ハンガリーGPの画像はこちら

|

« ピレリ ベルギー、イタリア、シンガポールのタイヤ選択を発表 | トップページ | ハンガリーGPフリー2回目もメルセデスAMG勢席巻 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60042013

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリーGPフリー1回目、メルセデスAMG勢最速:

« ピレリ ベルギー、イタリア、シンガポールのタイヤ選択を発表 | トップページ | ハンガリーGPフリー2回目もメルセデスAMG勢席巻 »