« アロンソ(フェラーリ)、他チームとの交渉を否定 | トップページ | ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢席巻 »

2014/07/18

ドイツGPフリー1回目、メルセデスAMG勢速し

Hockenheim Ring (C)Mercedes Motorsports
拡大します
ドイツGPのフリー走行初日がスタート。
ウィリアムズ・チームはボタスに代えスージー・ウォルフが2度目のフリー走行出走。
またザウバーではグティエレスに代えギド・ヴァン・デル・ガルデが起用されている。
なお注目のケータハムは小林可夢偉&エリクソンという通常の体制になっている。
路面はドライ、セッション開始時の気温は25度、路面温度は35度と報告されている。

渦中の『FRICサスペンション』はいずれのチームも取り外して臨んだとみられる。
ウォルフはいきなりシフトアップのトラブルを訴えスローダウン。
イギリスGPでクラッシュしたライコネン(フェラーリ)は無事復帰したが、マシンのほうにトラブル。
こちらはウォーターポンプにトラブルを訴えいったんピットガレージへと戻った。

このセッション、トップタイムを記録したのはやはりメルセデスAMG勢で、ロズベルグがトップ1'19.131。
これにハミルトンが0.065秒差で続いた。
3番手はアロンソ(フェラーリ)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手バトン(マクラーレン)、6番手ベッテル(レッドブル)、7番手マグヌッセン(マクラーレン)、8番手ライコネン(フェラーリ)、9番手クビアト(トロ・ロッソ)、10番手がスーティル(ザウバー)だった。
ウィリアムズはマッサ11番手、ウォルフ15番手。
ケータハムは小林可夢偉19番手、エリクソンのほうは21番手だった。

ドイツGP:フリー走行1回目の結果はこちら
ドイツGPの画像はこちら

|

« アロンソ(フェラーリ)、他チームとの交渉を否定 | トップページ | ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢席巻 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60004619

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGPフリー1回目、メルセデスAMG勢速し:

« アロンソ(フェラーリ)、他チームとの交渉を否定 | トップページ | ドイツGPはフリー2回目もメルセデスAMG勢席巻 »