« 終始不安定な天候の下で行われた予選 (ピレリ) | トップページ | ピレリ、来週シルバーストンで新型18インチ・コンセプトタイヤをテスト »

2014/07/06

イギリスGPはホームのハミルトン(メルセデス)優勝

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
オープニングラップで広報のライコネン(フェラーリ)がウェリントンストレートでコースアウト、復帰した際に再びスコピンして他車を巻き込む大きなアクシデントに。
いったんセーフティカーが導入されたがその後赤旗中断となった。
その際チルトン(マルシア)が赤旗中断中にピットインしたとしてドライブスルー・ペナルティー。
またペレス(フォース・インディア)はベルニュ(トロ・ロッソ)にヒットしたとして審議になったがこちらは無罪になった。

レースはガードレール修復のため1時間5分遅れでセーフティカー先導による再スタート。
29周目、首位を走っていたロズベルグ(メルセデス)がギヤのスティックでスローダウン、残念ながらリタイヤとなった。

結局レースは6番手からスタートしたハミルトン(メルセデス)が52周を走りきって優勝、自身のホームで貴重な25ポイントを追加した。
ハミルトンの勝利はスペインGP以来4戦ぶりのことで、今季5勝目自身通算27回目となる。

2位は14番グリッドから追い上げたボタス(ウィリアムズ)で、2位はもちろん自身最高位、前戦の3位から連続表彰台の快挙となった。
3位はバトンの追撃を振り切ったリカルド(レッドブル)、4位これまたホームのバトン(マクラーレン)、5位ベッテル(レッドブル)、6位アロンソ(フェラーリ)、7位マグヌッセン(マクラーレン)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位クビアト(トロ・ロッソ)、そして10位がベルニュ(トロ・ロッソ)でここまでがポイント獲得。

以下11位ペレス(フォース・インディア)、12位グロージャン(ロータス)、13位スーティル(ザウバー)、14位ビアンキ(マルシア)、15位小林可夢偉(ケータハム)、16位チルトン(マルシア)、17位ストップしたマルドナド(ロータス)でここまでが完走。
リタイヤはロズベルグ(メルセデス)、エリクソン(ケータハム)、グティエレス(ザウバー)、マッサ(ウィリアムズ)、そしてライコネン(フェラーリ)の5台となった。

これで29ポイントあったロズベルグとハミルトンの差は一気にわずか4ポイントとなり、今後のバトルに注目が高まることとなった。

イギリスGP:決勝レースの結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« 終始不安定な天候の下で行われた予選 (ピレリ) | トップページ | ピレリ、来週シルバーストンで新型18インチ・コンセプトタイヤをテスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59940468

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGPはホームのハミルトン(メルセデス)優勝:

» F1GP2014 イギリス [Kyan's BLOG V]
イギリスGPはホームのハミルトン(メルセデス)優勝: FMotorsports F1 勝ったのはメルセデスのハミルトン,2位にウィリアムズのボッタス,3位にレッドブルのリカルド。 これまでのポイントリーダのメルセデスのロズベルグはリタイアでノーポイントだったので,ハミルトンが4ポイント差まで追いつく。 しかし,まだ9戦。 先は長い。 見応えがあったのはレース終盤,レッドブルのベッテルとフェラーリのアロンソの,元ワールドチャンピオンどうしの抜きつ抜かれつ。 5位,6位争いとは思えな... [続きを読む]

受信: 2014/07/07 01:33

» F1イギリスGP(2014 R9) [UKYOのつぶやき]
F1第9戦イギリスGP! [続きを読む]

受信: 2014/07/07 09:42

» F1 2014 第9戦 イギリスGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
噂になっていたとおりケータハムが身売りをするなどなにやらバタバタし始めた今年のF1もちょうど19戦の折り返しとなる9戦目。シルバーストーンでのイギリスGPを迎えました。フリー走 ... [続きを読む]

受信: 2014/07/07 12:12

» ハミルトンが母国勝利(2014 Rd.9 Great Britain) [Es Monologue.]
またしても勝利を飾ったのはメルセデスでした。と言っても今回はロズベルグではなく、ルイス・ハミルトンで、母国レースでの嬉しい勝者となりました。レースはフェラーリのライコネンによる激しいクラッシュで赤旗中断。その後はロズベルグとハミルトンによるマッチレースが続きましたが、珍しくロズベルグにトラブル発生してリタイヤ。ハミルトンは余裕のレース運びでチェッカーを受けました。毎度のメルセデスの勝利にはそろそろ飽きてきますが、クラッシュしたライコネンも今のところフェラーリでは大した成績も残しておらず、大丈夫なのか... [続きを読む]

受信: 2014/07/07 23:09

« 終始不安定な天候の下で行われた予選 (ピレリ) | トップページ | ピレリ、来週シルバーストンで新型18インチ・コンセプトタイヤをテスト »