« 予選Q2、メルセデスAMG勢が実力示す | トップページ | マルドナド(ロータス)、燃料提出できず予選失格に »

2014/07/05

ロズベルグ(メルセデス)、イギリスGPポールポジション

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
5日(土)午後、小雨が降ったり止んだりの難しいコンディションのもと、イギリスGPの公式予選が行われた。
予選のグリッド争いはQ3の最後、それも第3セクターのタイムで大幅に入れ替わるというスリリングなものになった。

結果、明日行われる決勝レースのポールポジションを獲得したのはメルセデスAMGチームのニコ・ロズベルグでベストタイムは1'35.766というものだった。
ロズベルグのポールはカナダGPに続くもので今年4回目、自身通算8回目の快挙になった。

2番手になったのは最後のラップで10番手から躍進を果たしたベッテル(レッドブル)。
以下、3番手バトン(マクラーレン)、4番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、5番手マグヌッセン(マクラーレン)、6番手ロズベルグとは対照に最後のアタックを中断したハミルトン(メルセデス)、7番手は直前まで3番手に位置していたペレス(フォース・インディア)、8番手リカルド(レッドブル)、9番手クビアト(トロ・ロッソ)、そして10番手がベルニュ(トロ・ロッソ)というグリッドになった。
なお明日の決勝レースはいまのところドライが予想されている。

イギリスGP:公式予選の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« 予選Q2、メルセデスAMG勢が実力示す | トップページ | マルドナド(ロータス)、燃料提出できず予選失格に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59933648

この記事へのトラックバック一覧です: ロズベルグ(メルセデス)、イギリスGPポールポジション:

» F1イギリスGP(2014 R9) [UKYOのつぶやき]
F1第9戦イギリスGP! [続きを読む]

受信: 2014/07/06 13:14

« 予選Q2、メルセデスAMG勢が実力示す | トップページ | マルドナド(ロータス)、燃料提出できず予選失格に »