« 小林可夢偉、次戦ドイツGPケータハムのシート喪失か | トップページ | ボタス(ウィリアムズ)、FRIC禁止で勢力変化に期待 »

2014/07/11

FIA、『FRICサスペンション』禁止を通達

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は7月20日(日)に行われるドイツGPを前に、いわゆる『FRICサスペンション』の使用禁止の方向を各チームに通達したことを明らかにした。

FRICサスペンションは「Front-and-Rear Interconnected Suspension」の略で「フロント・リア相互接続サスペンション」と訳されるが、要は「フロントとリアのサスペンションを油圧により相互に制御することでマシンの安定性を向上させる」というもの。
FIAのテクニカル・グループはこれをレギュレーションに反するものとした。

現在このFRICサスペンションは複数のチームでトライされているとみられるが、とりわけこれまで目覚ましい躍進をみせたメルセデスAMGチームはこの恩恵に預かっているのでは、とみられているもの。
そのためこれが禁止された場合、今後のF1戦力分布図に大きな影響を与えることになるかも知れない。

|

« 小林可夢偉、次戦ドイツGPケータハムのシート喪失か | トップページ | ボタス(ウィリアムズ)、FRIC禁止で勢力変化に期待 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59962880

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、『FRICサスペンション』禁止を通達:

« 小林可夢偉、次戦ドイツGPケータハムのシート喪失か | トップページ | ボタス(ウィリアムズ)、FRIC禁止で勢力変化に期待 »