« 3日(木)にもケータハム売却発表か、アラブ有力 | トップページ | スタンディングの再スタートにピレリが警戒感 »

2014/07/03

ケータハムF1の売却、正式発表される

Caterham Factory (C)Caterham F1 Team
拡大します
事前の予想より一日早い2日(水)、ケータハムはイギリス・リーフィールドに本拠を置くケータハムF1チームの売却が成立したことを正式発表した。

新たなオーナーとなったのは噂の通りスイス在住のアラブ人によるコンソーシアム(契約による団体)であるということだ。
チームの名称、本拠地は売却の条件として今後も引き継がれるとのこと。
また新規参戦チームの指揮を元F1ドライバーであるクリスチャン・アルバース氏が執ることも明らかにされた。

アルバース氏は2005年に当時のミナルディ・チームからF1デビュー。
その後ミッドランドF1、スパイカーF1から参戦するなど、ここでもコリン・コレス氏との関係が窺われる。

なお新規参戦チームのドライバー・ラインナップについては発表文で触れられていない。

|

« 3日(木)にもケータハム売却発表か、アラブ有力 | トップページ | スタンディングの再スタートにピレリが警戒感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59919145

この記事へのトラックバック一覧です: ケータハムF1の売却、正式発表される:

« 3日(木)にもケータハム売却発表か、アラブ有力 | トップページ | スタンディングの再スタートにピレリが警戒感 »