« サインツ・ジュニア、F1デビューよりF・ルノー優勝優先 | トップページ | 『FRICサスペンション』、合意の見通しなし »

2014/07/16

メルセデスAMG、両ドライバーにピットストップ回数制限へ

Pitstop Scene (C)Mercedes Motorsport
拡大します
今シーズン、ここまで圧倒的な強さでチャンピオンシップをリードするメルセデスAMGチームのロズベルグ&ハミルトンだが、同チームでは「正当な」バトルでのタイトル争いを担保するため、レース中のピットストップの回数もチームが指示したものにすることを明らかにした。

これはドイツの専門誌『スピード・ウィークらが伝えたもので、その中で同チームのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「モーターレーシングは決してただ一人(ドライバー)で戦っているものではない。
ひとつ勝利するためにはチームの多くの関係者が携わっていて、その総合的な結果として栄冠が待っているもの。
われわれは二人のドライバーがほんとうにイコール・コンディションでバトルが演じられるようすべての分野で配慮するが、その一環としてピットストップの回数も同じにすることを求めている」と、語っている。

これにより、例えばチームメイトが2ストップであることを知ってもう一方が1ストップに切り換えるということは許されなくなる。

|

« サインツ・ジュニア、F1デビューよりF・ルノー優勝優先 | トップページ | 『FRICサスペンション』、合意の見通しなし »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59992363

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMG、両ドライバーにピットストップ回数制限へ:

« サインツ・ジュニア、F1デビューよりF・ルノー優勝優先 | トップページ | 『FRICサスペンション』、合意の見通しなし »