« トラブルのフラインス(ケータハム)、「こういう時もある」 | トップページ | 予選Q1、フェラーリ&ウィリアムズ勢が脱落 »

2014/07/05

ウェットのフリー走行3回目はベッテル(レッドブル)が最速

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
5日(土)午前、シルバーストーン・サーキットを舞台にイギリスGPのフリー走行3回目セッション(60分間)が行われた。
朝がた降っていた雨は止んでいるものの空は暗い。
路面はまだダンプ(湿った)状態、セッション開始時の気温は16度、路面温度は20度と報告された。

インターミディエイトとウェットタイヤにチームにより選択は別れたが、走行途中にまた雨が降り出してウェットコンディションに。
またストゥではビアンキ(マルシア)がコースアウトしてストップ、イエローコーションになる場面もみられた。

結局ここでトップタイムを記録したのはひさびさのベッテル(レッドブル)。
2番手にも僚友リカルド(レッドブル)が続いた。
3番手はマルドナド(ロータス)、4番手にもロータスのグロージャン、5番手スーティル(ザウバー)、6番手クビアト(トロ・ロッソ)、7番手マグヌッセン(マクラーレン)、8番手バトン(マクラーレン)、9番手ボタス(ウィリアムズ)、10番手がライコネン(フェラーリ)。

ケータハムはエリクソンが16番手、小林可夢偉は18番手。
なおロズベルグ&ハミルトンのメルセデスAMG勢、フェラーリのアロンソ、そしてマルシアのチルトンの4台は計測されたタイムがなかった。
この後現地時間:13時(日本時間:21時)から公式予選が行われる。

イギリスGP:フリー走行3回目の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« トラブルのフラインス(ケータハム)、「こういう時もある」 | トップページ | 予選Q1、フェラーリ&ウィリアムズ勢が脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59932766

この記事へのトラックバック一覧です: ウェットのフリー走行3回目はベッテル(レッドブル)が最速:

« トラブルのフラインス(ケータハム)、「こういう時もある」 | トップページ | 予選Q1、フェラーリ&ウィリアムズ勢が脱落 »