« 公式予選Q1、やはりハミルトン(メルセデス) | トップページ | オーストリアGPポールポジションはマッサ(ウィリアムズ) »

2014/06/21

公式予選Q2、ホストのベッテル(レッドブル)が脱落

引き続き行われた予選Q2は、このレッドブルリンクで行われるオーストリアGPのホストチームであるレッドブルのエース、セバスチャン・ベッテルが脱落というハプニングで終えた。

セッション序盤はまずフォース・インディア勢が1-2、続いてウィリアムズ勢が1-2に並んだが、結局最後はメルセデスAMG勢。
トップタイムはただ一人ベストタイムを1'08秒台に入れたロズベルグ(メルセデスAMG)。
これにハミルトン(メルセデス)が0.118秒差で続いた。

3-4番手ボタス&マッサ、5番手マグヌッセン(マクラーレン)、6番手アロンソ(フェラーリ)、7番手クビアト(トロ・ロッソ)、8番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9番手リカルド(レッドブル)、そして10番手ライコネン(フェラーリ)でここまでがQ3進出を決めた。

ここで脱落となったのはペレス(フォース・インディア)、バトン(マクラーレン)、ベッテル(レッドブル)、マルドナド(ロータス)、ベルニュ(トロ・ロッソ)、そしてグロージャン(ロータス)の6台。

|

« 公式予選Q1、やはりハミルトン(メルセデス) | トップページ | オーストリアGPポールポジションはマッサ(ウィリアムズ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59853946

この記事へのトラックバック一覧です: 公式予選Q2、ホストのベッテル(レッドブル)が脱落:

» F1オーストリアGP(2014 R8) [UKYOのつぶやき]
F1第8戦オーストリアGP! [続きを読む]

受信: 2014/06/21 23:43

« 公式予選Q1、やはりハミルトン(メルセデス) | トップページ | オーストリアGPポールポジションはマッサ(ウィリアムズ) »