« 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップタイム | トップページ | ロズベルグ(メルセデスAMG)、2戦連続ポールシッターに »

2014/06/08

予選Q2、ハミルトン(メルセデス)がさらにタイム短縮

引き続き、予選Q2が行われた。
決勝レースはこのセッションでベストタイムをマークしたタイヤでのスタートが義務付けられているが、メルセデスAMGとレッドブル・レーシング、そしてウィリアムズの3チームはまだスーパーソフトタイヤを温存している。
ここではクラッシュ等はなく15分間のセッションは終了。
終盤までウィリアムズ勢がタイミングモニターの最上位を占めていたが、最後にメルセデスAMG勢がこれを更新。
結局ここでもトップに立ったのはハミルトン(メルセデス)でベストタイムは1'15.054。
これに僚友ロズベルグが続き、ウィリアムズはマッサ3番手ボタス4番手。
5-6番手がレッドブルのリカルド&ベッテル、7番手アロンソ(フェラーリ)、8番手バトン(マクラーレン)、9番手ライコネン(フェラーリ)、そして10番手ベルニュ(トロ・ロッソ)。

ここで脱落となったのはヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、マグヌッセン(マクラーレン)、ペレス(フォース・インディア)、グロージャン(ロータス)、クビアト(トロ・ロッソ)、そしてスーティル(ザウバー)の6台となった。1

|

« 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップタイム | トップページ | ロズベルグ(メルセデスAMG)、2戦連続ポールシッターに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59778560

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2、ハミルトン(メルセデス)がさらにタイム短縮:

« 予選Q1、ハミルトン(メルセデス)がトップタイム | トップページ | ロズベルグ(メルセデスAMG)、2戦連続ポールシッターに »