« オーストリアGPフリー3回目はボタス(ウィリアムズ)最速 | トップページ | 公式予選Q2、ホストのベッテル(レッドブル)が脱落 »

2014/06/21

公式予選Q1、やはりハミルトン(メルセデス)

21日(土)午後、レッドブルリンクを舞台にオーストリアGPの公式予選がスタートした。
天候は晴れ、路面はドライコンディションでセッション開始時の気温は17度、路面温度は32度と午前よりも上昇している。

ここでトップタイムを記録したのは本命ハミルトン(メルセデス)で1'09.514をマーク。
2番手に新人クビアト(トロ・ロッソ)が0.164秒差で続いた。
3番手ロズベルグ(メルセデスAMG)、4番手マグヌッセン(マクラーレン)、5番手ペレス(フォース・インディア)、6番手ベルニュ(トロ・ロッソ)、7番手バトン(マクラーレン)、8番手ライコネン(フェラーリ)、9番手マッサ(ウィリアムズ)、そして僚友ボタス(ウィリアムズ)も10番手に続いた。
ウィリアムズ勢はスーパーソフトを残した模様だ。

ここで脱落となったのはスーティル&グティエレスのザウバー勢、ビアンキ(マルシア)、小林可夢偉(ケータハム)、チルトン(マルシア)、そしてエリクソン(ケータハム)の6台となった。

|

« オーストリアGPフリー3回目はボタス(ウィリアムズ)最速 | トップページ | 公式予選Q2、ホストのベッテル(レッドブル)が脱落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59853807

この記事へのトラックバック一覧です: 公式予選Q1、やはりハミルトン(メルセデス):

« オーストリアGPフリー3回目はボタス(ウィリアムズ)最速 | トップページ | 公式予選Q2、ホストのベッテル(レッドブル)が脱落 »