« 高温下でのタイヤ戦略がモントリオールでの鍵となる (ピレリ) | トップページ | マルシア・デュオに新たな遺恨か、異なるその主張 »

2014/06/10

リタイヤ小林可夢偉(ケータハム)、「川に落ちるかと思った」

小林 可夢偉 (C)Caterham F1 Team
拡大します
例によってスタートで順位を上げ、期待の持てるレースを展開していたケータハムF1の小林可夢偉だったが、突然のスローダウン。
彼の『CT05』はテレビで見てもそれとわかるほどリヤタイヤが傾いていた。

「リヤのトラックロッドが折れてしまっていたんだ。
ぶつかってもいないのに、こんな所が壊れるなんて初めてのことだよ。
どうにもマシンの挙動がおかしいのでマシンを止めたんだけど、コースマーシャルには『いい所に止めてくれた』って感謝されたよ。
でも、スクーターに乗せられてピットに戻る途中、人一人がやっとというくらいの狭い所をすり抜けるんだ。
もう川に落ちるんじゃないかと思って、レースよりこっちのほうが緊張したね」と、小林可夢偉。

オープニングラップでライバルのマルシア勢が2台とも消える絶好の機会だったが、残念ながらケータハム勢の2台もまたその後を追う結果となった。

|

« 高温下でのタイヤ戦略がモントリオールでの鍵となる (ピレリ) | トップページ | マルシア・デュオに新たな遺恨か、異なるその主張 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59790520

この記事へのトラックバック一覧です: リタイヤ小林可夢偉(ケータハム)、「川に落ちるかと思った」:

« 高温下でのタイヤ戦略がモントリオールでの鍵となる (ピレリ) | トップページ | マルシア・デュオに新たな遺恨か、異なるその主張 »