« レッドブル、エイドリアン・ニューイ氏の「残留」発表 | トップページ | 大健闘ペレス(F・インディア)、しかし結果はペナルティ »

2014/06/09

不振続くライコネン(フェラーリ)、ついに「解雇説」まで

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
今回のカナダGPでも終始チームメイトであるアロンソから後れを取り、獲得ポイントはアロンソの60ポイント(ランキング4位)に対し、わずか18ポイント(ランキング12位)に留まっているキミ・ライコネンについて、口やかましい一部イタリア・メディアからはついに「解雇説」まで飛び出す有り様となっている。

ただ、当然のことチームはこれを完全否定。
その裏側についてドイツの専門誌『スポルト・ビルド』は、2009年に同選手を途中解約で契約を打ち切った際、高額の違約金支払いを余儀なくされたことを挙げている。
今回の契約は2015年末まで有効で、今回もしも同じことをした場合、チームはライコネンに対し再び最高3千万ドル(約31億円)を支払う羽目になるだろうというものだ。

そのライコネンのモチベーション低下について関係者は『F14 T』の予想外の戦闘力不足に原因があるとみている。

|

« レッドブル、エイドリアン・ニューイ氏の「残留」発表 | トップページ | 大健闘ペレス(F・インディア)、しかし結果はペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59785449

この記事へのトラックバック一覧です: 不振続くライコネン(フェラーリ)、ついに「解雇説」まで:

« レッドブル、エイドリアン・ニューイ氏の「残留」発表 | トップページ | 大健闘ペレス(F・インディア)、しかし結果はペナルティ »