« 小林可夢偉(ケータハム)、「大幅セットアップ変更が奏功」 | トップページ | ウィリアムズ、ピレリP Zeroレッド・スーパーソフトを使用して 2003年以来となるフロントロー独占 »

2014/06/22

屈辱のベッテル(レッドブル)、「問題はない、ただ遅いだけ」

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
チャンピオンらしからぬ今季3度目のQ2敗退。
またしても僚友リカルドの後塵を拝した上に、11年ぶり開催となったオーストリアGPはレッドブル・グループによるホームグランプリ。
そこでの屈辱に、多くの言葉はチャンピオンから聞かれなかった。

「特にマシンに問題があった訳じゃない。
ただ遅かっただけさ。
この週末はずっとリカルドのほうが速かったし、妥当な結果だったんじゃないかな。
明日は天候でも大きく変わることに期待するしかないよ」

またクリスチャン・ホーナー代表も、「ベッテルは1ラップのタイムに苦労していたからQ2敗退は止むを得ない。
むしろリカルドの5位は称賛に値する。
現在のウチの力ではこれが精一杯だろう」と、擁護している。

|

« 小林可夢偉(ケータハム)、「大幅セットアップ変更が奏功」 | トップページ | ウィリアムズ、ピレリP Zeroレッド・スーパーソフトを使用して 2003年以来となるフロントロー独占 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59855832

この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱のベッテル(レッドブル)、「問題はない、ただ遅いだけ」:

« 小林可夢偉(ケータハム)、「大幅セットアップ変更が奏功」 | トップページ | ウィリアムズ、ピレリP Zeroレッド・スーパーソフトを使用して 2003年以来となるフロントロー独占 »