« 新井康久氏(ホンダF1)、「日本人ドライバーも育てたい」 | トップページ | A.ロッシ(ケータハム)、カナダGPフリー走行出走へ »

2014/06/02

ライコネン(フェラーリ)、モチベーション欠如の指摘否定

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2009年以来となる跳ね馬チーム復帰となったキミ・ライコネン(34歳:フィンランド)だが、同じ元F1チャンピオンでありながら、チームメイトであるアロンソの61ポイント(ランキング2位)に対しわずか17ポイント(ランキング12位)と不本意な状況に甘んじていることについて、モチベーションが不足しているのでは、との指摘が一部に聞かれている。

これについて当のライコネンは、「僕のモチベーションは(フェラーリで)タイトルを獲得した2007年の時とまったく変わらない。
その上で、当時よりもさらに多くの経験を積んできたんだ。
ただ残念ながらいまチームはマシンにいろいろ問題を抱えていて、それがしばしばわれわれのレースを阻害している。
シーズンが終わるまでにこれが改善されれば必ずや結果がついてきて、僕のモチベーションが衰えていないことを証明できる筈さ」と、チームのサイトで主張している。

|

« 新井康久氏(ホンダF1)、「日本人ドライバーも育てたい」 | トップページ | A.ロッシ(ケータハム)、カナダGPフリー走行出走へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59745798

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、モチベーション欠如の指摘否定:

« 新井康久氏(ホンダF1)、「日本人ドライバーも育てたい」 | トップページ | A.ロッシ(ケータハム)、カナダGPフリー走行出走へ »