« ドイツGP交互開催のニュルブルクリンクが抜け駆け? | トップページ | タイヤウォーマー禁止案等、棄却される »

2014/06/20

ペレス(フォース・インディア)、ペナルティ見直しも

Sergio Perez (C)Sahara Force India F1
拡大します
前戦カナダGP決勝レースで起きたマッサ(ウィリアムズ)とのアクシデントについて、その責任を問われて予選グリッド5番降格のペナルティを科せられたフォース・インディア・チームのセルジオ・ペレスだが、これが見直されることになるかも知れない。

レース後に行われたレーススチュワード(競技審査委員)による審議では、検査のため病院にあったペレス自身は出席していなかった。
そのため、この処分に異議を唱える本人から事情聴取することが認められることになったという。

ただし、カナダGPのスチュワードで再び審議を行うことはできないため、特例として今回のオーストリアGPのスチュワードが20日(金)の朝現地で代わりに行うとした。
FIA(国際自動車連盟)の関係者も「何か新しい要素が確認されれば処分が見直されることもある」としている。

|

« ドイツGP交互開催のニュルブルクリンクが抜け駆け? | トップページ | タイヤウォーマー禁止案等、棄却される »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59844770

この記事へのトラックバック一覧です: ペレス(フォース・インディア)、ペナルティ見直しも:

« ドイツGP交互開催のニュルブルクリンクが抜け駆け? | トップページ | タイヤウォーマー禁止案等、棄却される »