« 中嶋一貴、ルマン24時間予選でポールポジション獲得 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、極秘マラネロ訪問の噂 »

2014/06/14

小林可夢偉(ケータハム)の雄姿はもう見られない?

Tony Fernandes (C)Caterham F1 Team
拡大します
かねて資金難が伝えられていたケータハムF1だが、ここに来てそれが深刻化、なんとその姿がサーキットで見られたのは先のカナダGPが最後で、来週行われるオーストリアGPはすでに欠場が必至という衝撃の噂が聞かれている。

2010年に当時『ロータス・レーシング』の名前でF1参戦したこのチームは『エア・アジア』等を所有するマレーシアの実業家トニー・フェルナンデス氏が資金提供者になっていたが、最近ではその航空会社の経営危機も伝えられていて、同チームの母体であるケータハム・グループではすでにルノーとの合弁で行われていた「アルピーヌ共同開発事業」から撤退、この事業の株式をすべてルノー側に売却したというニュースが報じられていた。

このまま撤退ということになれば、同チームは参戦5年間でついに1ポイントも獲得できなかったことになる。

|

« 中嶋一貴、ルマン24時間予選でポールポジション獲得 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、極秘マラネロ訪問の噂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59811763

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉(ケータハム)の雄姿はもう見られない?:

« 中嶋一貴、ルマン24時間予選でポールポジション獲得 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、極秘マラネロ訪問の噂 »