« カナダGPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速 | トップページ | 「危険走行」でリカルド(レッドブル)に戒告処分 »

2014/06/07

カナダGPフリー2回目は本命ハミルトン(メルセデス)トップ

Montreal's Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
カナダGPは引き続き6日(金)午後、フリー走行2回目セッションが行われた。
天候は曇り、直前には一部で雨粒が観測されたものの心配される状況ではない。
気温は20度、路面温度も28度まで上昇している。

午前のセッションでマシントラブルに見舞われたマッサ(ウィリアムズ)も完全に復旧して好タイムをマーク。
一方ロータスのマルドナドはピットレーン出口でストップし、ガレージに戻されるシーンがあった。
またエリクソン(ケータハム)がコースオフし、そのままストップ。
終盤にはベルニュ(トロ・ロッソ)も同様にコースオフを喫していた。

結局ここでは本命のハミルトン(メルセデス)がトップタイム。
午前のアロンソのタイムを丸1秒以上短縮する1'16.118を記録している。
2番手も順当にチームメイトのロズベルグが0.175秒差で続いた。
3番手ベッテル(レッドブル)、4-5番手にフェラーリのライコネン&アロンソ、6-7番手ウィリアムズのマッサ&ボタス、8-9番手マクラーレンのマグヌッセン&バトン、10番手がベルニュ(トロ・ロッソ)だった。
ケータハムは復帰した小林可夢偉が20番手、エリクソンは21番手。
ほとんど走れなかったビアンキ(マルシア)が最下位の22番手だった。

カナダGP:フリー走行2回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« カナダGPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速 | トップページ | 「危険走行」でリカルド(レッドブル)に戒告処分 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59772236

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPフリー2回目は本命ハミルトン(メルセデス)トップ:

« カナダGPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速 | トップページ | 「危険走行」でリカルド(レッドブル)に戒告処分 »