« カナダGPの週末は晴れの予報 | トップページ | カナダGPフリー2回目は本命ハミルトン(メルセデス)トップ »

2014/06/07

カナダGPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速

Ferrari Team (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ヨーロッパから北米大陸へとその舞台を移したF1サーカスは、6日(金)午前カナダGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
天候は曇り、セッション開始時の気温は17度、また路面温度は24度と報告されている。
なおケータハムは小林可夢偉に代えてテストドライバーであるアレクサンダー・ロッシを起用している。

追加のプライムタイヤが使える最初の30分が過ぎるといったんサーキットは静寂を取り戻したが、やがてまた各車による走行が繰り広げられた。
終盤、ビアンキ(マルシア)のマシンがウォールにヒットする場面がみられたが大事には至らず。

ここでトップタイムを記録したのはいつものメルセデスAMG勢ではなくフェラーリのアロンソで1'17.238を記録した。
2-3番手にハミルトン&ロズベルグのメルセデスAMG、4番手ベッテル(レッドブル)、5番手ボタス(ウィリアムズ)、6番手リカルド(レッドブル)、7-8番手にマクラーレンのバトン&マグヌッセン、9番手ライコネン(フェラーリ)、10番手がベルニュ(トロ・ロッソ)となった。
ケータハムはエリクソン21番手、ロッシ22番手だった。
なおウィリアムズのマッサはERS(エネルギー回生システム)のトラブルということでわずか7ラップの周回に留まっている。

カナダGP:フリー走行1回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« カナダGPの週末は晴れの予報 | トップページ | カナダGPフリー2回目は本命ハミルトン(メルセデス)トップ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59772197

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPフリー1回目はアロンソ(フェラーリ)が最速:

« カナダGPの週末は晴れの予報 | トップページ | カナダGPフリー2回目は本命ハミルトン(メルセデス)トップ »