« ダニカ・パトリック嬢、F1に魅力も実現には懐疑的 | トップページ | シューマッハ氏の転院先はスイス・ローザンヌ »

2014/06/17

ピレリ、3戦連続でソフトとスーパーソフトを選択

Pi_aus(C)Pirelli Motorsport 

オーストリアグランプリ プレビュー:
スピルバーグ 2014年6月19-22日

・全ドライバーとチームにとって未知のサーキットでの開催
・ダウンフォースが得られにくいコースのため、タイヤがメカニカルグリップを供給

2014年6月16日、ミラノ
オーストリアグランプリが最後にFormula Oneカレンダーに登場したのは、A1リンクで開催された2003年でした。11年を経て、改修されたA1リンクはレッドブル・リンクと改名され、今シーズン第8戦の開催場所として戻ってきました。ピレリは、モンテカルロとカナダに続き、3戦連続でソフトとスーパーソフトタイヤを今週末のグランプリに持ち込みます。しかし、2本のメインストレートと大半が鋭いコーナーで構成されるレッドブル・リンクは、異彩を放つ特性を持ったサーキットです。したがって、平均速度が全体的に遅くなり、マシンは空力ダウンフォースよりもタイヤが供給するメカニカルグリップに依存しなければなりません。しかし、どのチームもレッドブル・リンクでテストを行ったことがないため、今週末は各チームおよびドライバーにとって未知の領域となります。

ピレリジャパン・プレスリリース

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「新しいサーキットを訪れる時は、常にエキサイティングに感じます。各チームおよびドライバー全員が同じスタートラインに立ち、未知のコンディションに適合し、いち早くトップに立とうと自らを鼓舞するためです。アスファルトのサンプルと我々のエンジニアが行った路面の調査に基づき、我々のタイヤレンジ中で最も軟らかい組み合わせのコンパウンドが、各チームがハイダウンフォースで走行すると予想されるサーキットでのパフォーマンスとグリップのベストな妥協点を見出せると確信しています。ひとつの興味深い疑問符は、サーキット全般に渡って予測が難しいことで知られている天候です。全ての新しい開催地では、フリー走行での作業が特に重要になります。各チームは、多様な燃料搭載量とセットアップによるトラック上でのタイヤの動きを評価するために、金曜と土曜のセッションを通じて出来る限り多くの情報を収集することに集中するでしょう。収集された情報は、予選と決勝での戦略の鍵となります。シミュレーションデータを見る限り、2ストップのレースになると思いますが、この予測は天候状態や路面の改善によって左右されます。フリー走行後には、より正確な予測ができると思います」

ピレリ・コンサルタント ジャン・アレジのコメント:
「スピルバーグが世界選手権に戻ってきました。誰もが、金曜のフリー走行で、改修されたサーキットを初めて経験することになります。しかし、このサーキットは改修前とほぼ同様です。スピルバーグの素晴らしい点は、トラックが起伏に富んでいることです。ドライバーにとってはドライビングを楽しめるサーキットです。トリッキーな側面は、多くのブレーキングエリアが上り勾配にあることで、これがオーバーテイクを難しくしています。ここには面白いエピソードがあって、昔、F1開催中にマシンの騒音のせいで地元の乳牛が1週間もミルクを出さなかったということです。今年はマシンのノイズが小さくなっているので、ミルクのストップが2~3日であることを祈りたいです」

タイヤから見たサーキット:
このトラックでは、非常に低速なコーナーとハイスピードセクションが交互に現れます。トラクションと横方向の荷重により、特にターン5とターン6では、タイヤには中~高レベルの負荷がかかります。

レッドブル・リンクでは、平均速度が非常に遅いサーキット上での空力グリップを最大限に供給するため、最大限のダウンフォースセッティングが求められます。しかし、ダウンフォースによって、より大きな縦方向の荷重がマシンにかかります。マシンがコーナーを通過する際、横方向の荷重も加わり、多様な負荷がタイヤに課せられます。
スーパーソフトタイヤは作動温度領域が低く、低温下でも最適な性能を発揮できるコンパウンドです。ソフトタイヤは、作動温度領域が高く、高温のコンディションや厳しい路面状態に適したコンパウンドです。スピルバーグの気温は変動しやすいものの、概して22℃前後です。また、雨のリスクは高くなっています。

スピルバーグのアスファルトは、近年広範囲に渡って再舗装されたため、非常に滑らかです。したがって、特にレース週末の序盤、マシンは滑りやすくなり、コントロールできない場合はグレイニングが発生する可能性があります。

各チームは、フリー走行のデータを分析後、戦略を決定します。しかし、スーパーソフトでスタート後、続く2スティントをソフトで走行する戦略が、最も可能性の高い選択肢と予想されます。

Pi

|

« ダニカ・パトリック嬢、F1に魅力も実現には懐疑的 | トップページ | シューマッハ氏の転院先はスイス・ローザンヌ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59830550

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、3戦連続でソフトとスーパーソフトを選択 :

« ダニカ・パトリック嬢、F1に魅力も実現には懐疑的 | トップページ | シューマッハ氏の転院先はスイス・ローザンヌ »