« フェラーリとメルセデスが、それぞれフリー走行セッションで最速タイムを記録 (ピレリ) | トップページ | グティエレス(ザウバー)、シャシー交換で予選不出場 »

2014/06/08

フリー走行3回目も最速はハミルトン(メルセデス)

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
7日(土)午前行われたカナダGPのフリー走行3回目セッション、スタート時の天候は晴れ、気温は20度、路面温度31度のドライコンディション。

60分間のセッションの約15分が経過した頃、ザウバーのエステバン・グティエレスが4コーナーでリアのコントロールを失ってスピン、ウオールにヒットしてマシンを大きく損傷させて一時赤旗中断となった。
その他にもマクラーレンのマグヌッセン、ケータハムのエリクソン、フォース・インディアのペレスらがコースアウトしたが危うく大事に至らず事なきを得ている。
またケータハムの小林可夢偉は途中トラブルでマシンを降り、予選を前に懸念されている。

最終的に大本命のルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)がただ一人1分15秒台に入れるタイムでトップに立った。
2番手には今年好調ウィリアムズのフェリッペ・マッサで、ハミルトンとは0.476秒差に詰めた。
3番手ロズベルグ(メルセデスAMG)、4番手アロンソ(フェラーリ)、5番手リカルド(レッドブル)、6番手ライコネン(フェラーリ)、7番手ボタス(ウィリアムズ)、8番手クビアト(トロ・ロッソ)、9番手ベルニュ(トロ・ロッソ)、そして10番手がベッテル(レッドブル)となった。

マクラーレンはマグヌッセンが12番手、バトン16番手。
ケータハムはエリクソン20番手、小林可夢偉21番手だった。

カナダGP:フリー走行3回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« フェラーリとメルセデスが、それぞれフリー走行セッションで最速タイムを記録 (ピレリ) | トップページ | グティエレス(ザウバー)、シャシー交換で予選不出場 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59778672

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行3回目も最速はハミルトン(メルセデス):

« フェラーリとメルセデスが、それぞれフリー走行セッションで最速タイムを記録 (ピレリ) | トップページ | グティエレス(ザウバー)、シャシー交換で予選不出場 »