« 好成績失ったマッサ(ウィリアムズ)、「ペナルティ手ぬるい」 | トップページ | 高温下でのタイヤ戦略がモントリオールでの鍵となる (ピレリ) »

2014/06/09

チルトン(マルシア)には次戦グリッド3番降格ペナルティ

Max Chilton (C)Marussia F1 Team
拡大します
カナダGPのレーススチュワード(競技審査委員)はまたオープニングラップで起きたマルシアF1チームどうしのアクシデントについて、最初にマシンのコントロールを失って事故の引き金となったマックス・チルトンに対し、次戦グリッド3番降格のペナルティを科すことを明らかにした。

2013年のF1デビュー以来、ここまで全戦完走を果たしてきたチルトンにとって、ペナルティよりもリタイヤに終わって連続完走記録が途絶えたことのほうがショックかも知れない。
これによりチルトンの記録は25で潰えることとなった。

|

« 好成績失ったマッサ(ウィリアムズ)、「ペナルティ手ぬるい」 | トップページ | 高温下でのタイヤ戦略がモントリオールでの鍵となる (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59786768

この記事へのトラックバック一覧です: チルトン(マルシア)には次戦グリッド3番降格ペナルティ:

» F1カナダGP(2014 R7) [UKYOのつぶやき]
F1第7戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2014/06/09 16:07

« 好成績失ったマッサ(ウィリアムズ)、「ペナルティ手ぬるい」 | トップページ | 高温下でのタイヤ戦略がモントリオールでの鍵となる (ピレリ) »