« チタン製スキッドプレートによる火花演出も採用へ | トップページ | スタンディングによる再スタートに懐疑的な意見も »

2014/06/28

マクラーレン首脳、「2015年ドライバーはまだ白紙」

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
メルセデス・エンジンを搭載したチームの中でここまで苦戦が目立つマクラーレン・チームだが、来シーズンはホンダとのパートナーシップが復活することもありそのドライバー・ラインナップに注目が集まっている。

順当であれば来季もバトン&マグヌッセンということになるが、同チームのエリック・ブイユ/レーシング・ディレクターは「現段階でまだ白紙」と、慎重な見解を崩していない。

かつてルノー及びロータス・チームで腕を振るったこのフランス人は「言うまでも無く2015年はわれわれにとって大きな転機の年になる。
そのためいまあらゆる戦略を検討中で、ドライバー・ラインナップも当然その中にある。
すべては白紙で、あらゆる可能性があるということだ」と、語っている。

メディアの噂は先行していて、その最たるものではアロンソ(現フェラーリ)&ハミルトン(現メルセデス)といった衝撃なものまでささやかれている。

|

« チタン製スキッドプレートによる火花演出も採用へ | トップページ | スタンディングによる再スタートに懐疑的な意見も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59888872

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「2015年ドライバーはまだ白紙」:

« チタン製スキッドプレートによる火花演出も採用へ | トップページ | スタンディングによる再スタートに懐疑的な意見も »