« 暑いコンディションのオーストリアで、2ストップ戦略が勝利戦略となる (ピレリ) | トップページ | 苛立つライコネン(フェラーリ)、無線にも「口答え」 »

2014/06/24

2015年、セーフティカー後の再スタート方法変更か

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
現在、その時点トップのマシンを先導としたローリングスタートで行われているレース中の再スタートについて、2015年シーズンからはグリッドからのスタンディングスタートに変更される模様だ。

これは今週ロンドンで行われたF1コミッションの会合で変更が検討されたというもの。
それによればセーフティカー導入時に周回遅れのマシンの整列等を行ったあと、これまでのローリングスタートに代えて再びグリッドに各車を着け、最初のレーススタート時と同様にグリッドからのスタンディングスタートで再スタートさせるという。
関係者によれば、これにより再びオーバーテイクシーンが増加するなど、よりエキサイティングな展開が期待できるということだ。

実際には変更は今週ミュンヘンで行われる予定のWMSC(世界モータースポーツ評議会)で承認される必要がある。

|

« 暑いコンディションのオーストリアで、2ストップ戦略が勝利戦略となる (ピレリ) | トップページ | 苛立つライコネン(フェラーリ)、無線にも「口答え」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59867551

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年、セーフティカー後の再スタート方法変更か:

« 暑いコンディションのオーストリアで、2ストップ戦略が勝利戦略となる (ピレリ) | トップページ | 苛立つライコネン(フェラーリ)、無線にも「口答え」 »