« エクレストン氏、フランスGP復活の噂を一蹴 | トップページ | メルセデスAMGもエイドリアン・ニューイ氏に食指 »

2014/05/28

危機的状況のザウバー・チームに「売却のすすめ」

小林可夢偉/ザウバー (C)Sauber Motorsport
拡大します
ウィリアムズ・チームと並びプライベート・チームの雄として長くF1を支えるザウバー・チームが危機的状況に陥っている。

同チームは今季ここまでノーポイント。
それでもマルシア&ケータハムは上回っていて事実上ランキング9位と目されていたが、今回のモナコGPでビアンキ(マルシア)が初ポイント獲得を果たしたことにより現在10位以下まで転落していることが確定したもの。
こんな状況にやはりかつて自身のF1エディ・ジョーダン氏は「チーム売却」を進言しているという。

同チームは不振と言われた昨季でも今と同じ6戦終了段階で5ポイント、ランキング8位。
小林可夢偉が所属していた2012年は41ポイントを獲得してランキング7位だった。
現在いまだにノーポイントなのはザウバーとケータハムだけで、小林可夢偉は今後古巣であるザウバー・チームを標的に戦う羽目となった。

|

« エクレストン氏、フランスGP復活の噂を一蹴 | トップページ | メルセデスAMGもエイドリアン・ニューイ氏に食指 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59717644

この記事へのトラックバック一覧です: 危機的状況のザウバー・チームに「売却のすすめ」:

« エクレストン氏、フランスGP復活の噂を一蹴 | トップページ | メルセデスAMGもエイドリアン・ニューイ氏に食指 »