« ライコネン(フェラーリ)、スチュワードの判断に不満げ | トップページ | アロンソもビアンキ(マルシア)の活躍称える »

2014/05/27

レッドブル、相次ぐマシントラブルでベッテルに謝罪

C.Horner & S.Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングは、このモナコGPでマシントラブルが発生、セバスチャン・ベッテルをリタイヤに追い込んだことについて、異例の「謝罪」を行った。

予選4位からスタートしたベッテルはオープニングラップで早くも3位に浮上、前を走るメルセデスAMG勢を追う筆頭の位置にあったが、最初のセーフティカー導入中エンジンのターボチャージャーにトラブルが起き、結局わずか8周を走ったところで戦線離脱を余儀なくされた。

これについて同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「せっかくいいレースをしていたのに、ドライバーのコントロールできない部分で迷惑を掛けた。
原因についてはルノーと共に調査するが、いずれにせよベッテルには申し訳ないことをしたと思っている」と、異例の低姿勢。

ここまでベッテルが表彰台1回なのに対し、リカルドは開幕戦の喪失を別にしても今回2度目の表彰台(モナコは台ではないが)を獲得、ポイントでも9点現役チャンピオンを凌駕している。

|

« ライコネン(フェラーリ)、スチュワードの判断に不満げ | トップページ | アロンソもビアンキ(マルシア)の活躍称える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59712319

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、相次ぐマシントラブルでベッテルに謝罪:

« ライコネン(フェラーリ)、スチュワードの判断に不満げ | トップページ | アロンソもビアンキ(マルシア)の活躍称える »