« ホーナー代表(レッドブル)、A.ニューイ氏離脱の噂否定 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「世界で最も市場価値あるアスリート」に »

2014/05/20

サー・ジャック・ブラバム氏、逝去

Jack Brabham (C)Renault F1 UK
拡大します
過去3度のF1チャンピオンに輝くサー・ジャック・ブラバム氏(オーストラリア)が亡くなったことがわかった。享年88。

オーストラリア空軍出身のブラバム氏はその後モーターレーシングの本場イギリスに渡り、1955年クーパーのマシンでF1デビュー。
1959年と1960年にはクーパーで世界チャンピオンに、また1962年途中からはロン・トーラナックと共に開発したマシンで参戦して1966年3度目となるチャンピオンを獲得し、史上唯一となる自身の名を冠したマシンでのF1タイトル獲得を果たした。
また1985年、イギリスのモータースポーツへの貢献を認められ、女王からナイト爵を授けられた。

なおジェフ、ゲイリー、デビッドら3人の子息もいずれもレーシングドライバーとして知られる。

|

« ホーナー代表(レッドブル)、A.ニューイ氏離脱の噂否定 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「世界で最も市場価値あるアスリート」に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59673692

この記事へのトラックバック一覧です: サー・ジャック・ブラバム氏、逝去:

« ホーナー代表(レッドブル)、A.ニューイ氏離脱の噂否定 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「世界で最も市場価値あるアスリート」に »