« スペインGPでも心配は雨 | トップページ | 「アゼルバイジャンGPは韓国の代替開催」と、エクレストン氏 »

2014/05/09

スーティル(ザウバー)、自らも重量削減に挑む

体重測定 (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、F1はレギュレーションが変更されたことにより大幅に重量が増加していて、規定のマシン最低重量が昨年までの642kgから今季は690kgまで増大が認めらているものの、現実には各チーム共にこれをオーバーしているとみられる。

こうしたことからザウバー・チームではすでに今週のスペインGPに向けさらなるマシン軽量化を試みたとされるが、加えてドライバー自身も体重削減にトライしていたことがわかった。
これを明らかにしたのは同チームのエイドリアン・スーティルで、「シーズン序盤には2日間絶食に挑んだこともあった。
ただ、体格に見合う筋力まで失くしては意味がないので、そのポイントを見極めることも重要。
女性のダイエットのようにはいかないさ」と、その難しさを語っている。

非公式なデータによれば、現役F1ドライバーで最も体重が重いのはロズベルグ(メルセデス)の78kgで、これに続くのがアロンソ(フェラーリ)の76kg、スーティルの75kgとされている。

|

« スペインGPでも心配は雨 | トップページ | 「アゼルバイジャンGPは韓国の代替開催」と、エクレストン氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59610357

この記事へのトラックバック一覧です: スーティル(ザウバー)、自らも重量削減に挑む:

« スペインGPでも心配は雨 | トップページ | 「アゼルバイジャンGPは韓国の代替開催」と、エクレストン氏 »