« 2016年、アゼルバイジャンでF1グランプリ開催へ | トップページ | シルベストロ(ザウバー)支えるのはエネルギー再生産業 »

2014/05/01

アイルトン・セナ、生きていれば跳ね馬チーム入りしてた

1990 Mexico GP (C)Honda Racing
拡大します
今日5月1日は故アイルトン・セナ選手が1994年のサンマリノGP(イモラ)で命を落としてからちょうど20年、各関係者から追悼の言葉が寄せられているが、そんな中フェラーリ・グループの総帥ルカ・モンテツェモロ社長が当時の秘話を明かした。

それによればセナ選手が亡くなる数日前にコンタクトがあり、フェラーリ・チームへの移籍希望が伝えられていたのだという。

「彼もウチで走りたがっていたし、われわれも彼を跳ね馬に乗せたいと考えていた。
実際、そのため事故の数日前、ボローニャにある私の家で話をしたんだ。
彼には(ウィリアムズとの)契約があったのですぐにとはいかなかったが、移籍が実現していれば彼は跳ね馬チーム・ドライバーとしてF1キャリアを終えていただろう」

|

« 2016年、アゼルバイジャンでF1グランプリ開催へ | トップページ | シルベストロ(ザウバー)支えるのはエネルギー再生産業 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/59561847

この記事へのトラックバック一覧です: アイルトン・セナ、生きていれば跳ね馬チーム入りしてた:

« 2016年、アゼルバイジャンでF1グランプリ開催へ | トップページ | シルベストロ(ザウバー)支えるのはエネルギー再生産業 »